アニメ

ゆっこの「I’m so dead.」の意味とは?―日常 2話

©あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所
『Nichijou』より

北米版 日常「Nichijou」第2話より
©あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所

京都アニメーションが作ったギャグアニメの傑作「日常」ですが、英語版は意外と難易度が高いです。

第2話でゆっこがクマの被り物をかぶった謎の人物(中身は実はお姉さんのよしの)に追いかけられ、
I’m so dead.
と言います。

直訳すると、「私はめっちゃ死んでる」ですが、果たして実際はどういう意味なのでしょうか?

I’m so dead.
セリフ原文:やられる…。

I’m so dead.
・やべぇよ。
・やばいことになりそうだ。
・もうクタクタだよ。
・死ぬほど面白くて笑ってる。

クマの被り物をかぶったよしのから逃げるゆっこですが、追いつかれて次のような会話を繰り広げます。
※日本語は原文のセリフまま

よしの
よしの
Did you happen to drop this wooden fish?
木魚をおとしませんでした?
Or perhaps, it was this golden one?
金の木魚ですか?
ゆっこ
ゆっこ
I’m so dead.
やられる。
I have no choice.
やらなきゃ、やられる。
©あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所
『Nichijou』より

あまりに突拍子もない問いかけに、もはや駄目だと感じたゆっこはI’m so dead.と感じるのです。

I‘m so dead.は「やばいことになりそうだ」という意味を持つ表現です。
I’m going to be in trouble.やI’m in a lot of trouble.と読み替えてもいいでしょう。

ここではsoを使って強調していますが、単にI’m dead.でも同じ意味になるようです。

また、文脈によっては「もうクタクタだよ」や「死ぬほど面白くて笑っている/めっちゃ面白い」という意味でも使われるようです。

例.
How is your feeling?
気分はどう?
I’m so dead. I don’t wanna do anything.
もうクタクタだよ。もう何もしたくない。

例.
Hey, look at this picture.
おい、この画像見てみろよ。
What the f*ck? I’m so dead.
なんだこれ。めっちゃおもろいな。


Nichijou – My Ordinary Life: The Complete Series [Blu-ray]